家電レンタルにすればすぐに新生活をスタートできる

電気代を減らせるサービス

蛍光灯

設備を借りる形で使用

レストランなどの商業施設の場合、毎月発生する電気代は大きな負担です。このような電気代を減らすことが出来るのが、昨今普及しているLEDです。LEDは、これまでの電球や蛍光管に比べて遥かに効率の良い電気の供給が可能です。電気代も大幅に減らせるため、導入を考える施設も増えつつあります。LEDが使えるようにするためには、時に電気器具を取り換えるなどの作業が必要です。近年スタートしているLEDのレンタルサービスは、こういった作業なしでLEDが使えるのが魅力となっています。利用を申し込むと無料で設備が設置され、LEDの利用が開始出来ます。予め契約の期間は決まっていますが、サービスによっては途中で利用をやめても追加の費用は不要です。また、LEDの提供先と顧客との間に入ってレンタルサービスの取次ぎを担うサービスもあります。このスタイルの場合は、すべての手続きが間に入ったサービスを通じて行われ、万が一契約を早期に解約しても万全のアフターケアが行われます。契約期間が満了すると、レンタルで利用していた設備はすべて利用者に譲られる形となります。従って、それ以後は機器の寿命が尽きるまで設備の所有が出来ます。利用者が合理的にLEDを利用出来るのが、最近のレンタルサービスの仕組みです。電気の使用量が下がり、レンタルの費用を含めても黒字となるのが一つの特長として挙げられます。LEDは、約10年前後は持つと考えられており、このようなサービスはメリットの大きさで注目されます。